人気ブログランキング |

大事なもの

哀しくて
立ち上がれない
一日一日を重ねることが
こんなにもつらい
そう感じながら
何とか朝と夜を送る
それだけのための毎日
他には何もない
つらくて
ぼんやりしている
昨日も今日も同じで
区別がつかない
それでも
精一杯生きている
何もないのは哀しいけれど
だからって
悪いわけじゃない
私にとっては
自分を責めないで生きることが
何よりも大事だから
生きているだけでいい
哀しみや苦しみを背負って
動けないだけ
凍えて何もできないだけ
そんな時もあっていい
どんなに哀しくても
淋しくても
やりきれなくても
生きているだけでいい
_______________
毎週水曜日に更新しています。


# by mysunshinerain | 2021-01-20 20:20 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

ふってくる思い出たち

このカフェで
君とコーヒーを飲んだなぁ
この道を
初めて手を繋いだ日に
一緒に歩いたなぁ
君と一緒に出掛けた場所へ行くと
そうやって
あらゆる思い出が
頭や心にふってくるから
私は胸が締め付けられる
だからと言って
ドラマみたいに
座り込んで泣いたりなんてしない
あそこの窓際の席で
よく話をしたね
あそこのランチがいつも混んでて
ここで時間をつぶしたね
君はもう
ここに来ることもないのだろう
それなのに
私は依然としてひとりでいる
君に会うことも
話すことも
もうないのに
君と過ごした時間は
私の中を大きく占め
胸を痛める
ああもう
君はいないんだ
その現実を何度でも
突きつけられるのだ
君は今
どうしていますか
元気でいますか
私のことを
もう忘れてしまった?
私は想いだしたくなくても
ふってくる過去たちに
めまいを覚えながら
君に会いたいと
やっぱりまた
想ってしまうのです
______________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2021-01-13 21:04 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

恋に落ちるって

恋はするものじゃなく
落ちるものだと
聞いたことがあるけれど
恋に落ちるのは
なかなか怖い
淋しさを埋めてほしくなったり
愛されたいと思ったり
大丈夫だよって言ってほしかったり
色んな感情が出てきて
搔き乱される
相手に対する気持ちが
これは愛じゃないなって
気づく
恋に落ちると
不安になる
淋しくなる
なんでだろう
ちょっと連絡がつかないだけで
私じゃダメだったのかなって
怖くなって
落ち着かない
こんなのはエゴでしかないって
気づいたりする
恋になんて
振り回されなきゃ
フラれることもなかったのに
愛されたいって
願わなければ
求めずにいられたのかな
恋と結婚は結び付くのかな
私はいい年をして
また何度でも
恋に落ちるのでしょう
そして
荒らされる心抱えて
格好悪い女に
なるのでしょう
_____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2021-01-06 20:43 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

君のいない世界

君のいない世界で
呼吸を続けるのがつらい
君は暖かいベッドにいて
私は冷たい部屋の隅で
うずくまっている
君が私ではなく
他の人を選び結婚したことは
まさか、だった
君の言動は
いつだって残酷だ
わかっていたけれど
ここまでとは想っていなかった
君のいない世界
それでも
私は君を感じている
君が奥さんと称する選んだ人と
一緒に時間を過ごす様子を
思い浮かべる
なんて不健全だろう
君は私を選ばなかった
私は一人だ
哀しいとか淋しいとか
そういった感情が
毎日毎日飽きもせず
内側で暴れる
途方に暮れる
君のいない世界で
それでも私は生きていくしかない
何とか命を繋いでいる
______________
毎週水曜日に更新しています。

今年も一年読んでいただき、本当にありがとうございました!
ちょっと色んなことがありすぎた一年で
その分、カラフルな感情のコトノハになりました。
つらい感情も沢山ありましたが
こうして言葉にすることで
いつも助けられてきました。
今年の漢字を自分の場合で表すなら
「坂」です。
あんな坂こんな坂でもまさかが
やったら多い一年でした。
ここまで読んでくださった方、
本当にありがとうございました!


# by mysunshinerain | 2020-12-30 20:20 | コトノハ~心の声~ | Comments(2)

どうでもいい存在

君にとっての私は
どうでもいい
そんな存在なんだね
哀しんでいても
苦しんでいても
笑っていても
どうでもいい
こんなつらい現実
あるだろうか
どうでもいいって
大事じゃないってこと
関係ないってこと
君はどこまで酷なのだろう
君にとっての私は
手紙の中にしかいない
二次元の女
だからたとえ明日死んでも
君にはなにひとつ
届くことさえない
私がこうして
泣いていても
もがいていても
もう何も伝わらない
君は私のものではなくなったし
私も君のものではないから
どうでもいいって
想われることが
こんなに淋しいって
知らなかったよ
君はもうきっと
私を思い出さなくなる
忘れてしまう
私はそういう
ちっぽけな存在だったんだね
________________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-12-23 20:58 | コトノハ~心の声~ | Comments(2)

鐘の音

いなくなりたい
眠ってしまいたい
私の中でずっと
そう鐘が鳴っている
つらいんだと
体の内側から
鳴り響く鐘の音
なかなか鳴りやんでくれず
私は頭痛を覚える
結局またひとりだ
ひとりじゃないって
あの時確かに感じた
でもまた
ひとりになった
つらいんだって
そう鐘が鳴っている
心の内側から
鳴り響く鐘の音
つらいって
どうやったらうまく
処理できるんだろう
つらい時は
つらいままいるしかないのだろうか
早く
鐘の音が鳴りやみますように
_____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-12-16 20:04 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

憎しみ・2

人を憎むのには
エネルギーがいる
心がどんどん疲れてゆく
憎しみでいっぱいの胸は
はち切れそうに痛い
私は好んで
君を憎んでるわけじゃない
許せたなら
どんなに楽だろうか
そう考えたりする
それでも
大きくえぐられた胸の傷が
昼も夜も
叫んで暴れる
哀しくてならない
やりきれないと
人を憎むのには
エネルギーがいる
そんな不毛なこと
私だってやめたい
こんな苦しいこと
手放してしまいたい
それでも
生涯で一番深くついた傷は
そう簡単には癒えない
もう叶わない恋なら
このままいっそ
君への想いとともに
眠ってしまいたい
そうやって
ずっと君を想ったまま
いられたなら
君だけを見て刻んで重ねて紡いで
そうやって
眠ってしまいたい
憎しみもすべて抱きしめて
______________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-12-09 20:59 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

憎しみ

君は笑っていて
私は泣いている
君は前進していて
私は立ち止まったまま
もう終わったのだ
どうしようもないのだ
そう言い聞かせても
私の胸は
泣き叫ぶことをやめない
君は笑っていて
私は泣いている
いつまでこの状態が
続くのだろう
君を想う気持ちが
憎しみに変わって
どれくらい経つだろう
本当は
君を許したい
楽になりたい
だけど
君を許せない私がいる
ほかの女を選んだ君に
哀しんで怒りに変わって
堕ちてる私がいる
本当は許したい
楽になりたい
解放されたい
___________________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-12-02 20:45 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

それでも

それでもやっぱり
私は彼が好きだ
彼が誰を好きであろうと
私より想っていようと
今の私にとっては
大したことじゃないのだ
彼が好き
それだけでいいじゃないか
それでもやっぱり
私は彼が好きだ
彼は卑怯で臆病で残酷だ
私を何度も傷つける
それなのにまだ
私は彼が欲しいのだ
ちょっとどうかしてるんじゃないか
そう自分でも思ったりする
彼は今頃
その女を抱いているのだろうか
私のことなんて
きれいさっぱり忘れて
思い出すことさえなくて
静かで哀しい夜
もう顔も思い出したくないくらいなのに
それでも
私の心は彼に寄り掛かる
ほんと
どうかしてるよね
_____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-11-25 20:21 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

戻らない過去

もう戻れないんだろうか
彼はもう
私だけを見てくれることなど
この先ないのだろうか
哀しくて淋しくて
やりきれない
彼のいない世界は
果てしなく暗い
色を失ったといってもいい
こんなところでひとりきりで
いつまでやっていけるだろう
もうだめなんだろうか
彼はもう
私を求めてくれないのだろうか
背中が寒い
彼のいない世界は
息苦しい
寄り掛かるものがなくなり
私はぼんやりしたり
泣いたりしている
あの時あんなことを言わなければ
違っていたの?
あの時あんなに
私に想いをこめてくれていた彼は
もう戻らないの?
色褪せて朽ちてゆく過去
その現実が
容赦なく私の心を刺す
_____________
毎週水曜日に更新しています。


# by mysunshinerain | 2020-11-18 20:09 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

大きな傷。

君がいなくなって
私は空っぽだ
抜け殻だ
何にもない
今までどれだけ私の中で
君が大きかったか
そういうことなのだろう
君がいなくなって
私は大きな傷を負った
えぐられたと言ってもいい
四六時中痛くて
泣いたり考え込んだり
何にもしたくなくなったり
それはもうひどい
君に会って
ちゃんと話がしたい
それだけなの
君じゃなきゃ嫌なの
どうして今更
そんなことも君は
わからなくなったの?
私には手段がない
選択肢がない
君が私をこんなにまで
傷つけるなんて
思いもしなかった
私は負ったばかりの傷を抱え
毎日を何とか繋いでいる
こんなことさえ
何一つ
君に届きもしないのに
____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-11-11 20:18 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

ほかの女を抱く彼

彼が別の女を抱いていると思うと
ぞっとする
おぞましい気持ちになる
私を捨てた彼
もう戻れない過去
私は彼を
刻んで更にミキサーにかけ
出来上がった
どろどろの物体を
海にでも葬りたい
思うのは自由でしょ
3年後とかに
離婚でもしていればいいのに
私の言葉が正しかったって
身をもって
わかればいいのに
私は彼を
すり鉢でとことんすってしまいたい
或いは火鉢にでも
入れてしまいたい
思うのは自由でしょ
彼が私を捨て
その女と笑っていると思うと
寒気がする
おぞましい気持ちが襲ってくる
___________
毎週水曜日に更新しています。
今回少し怖くてすみません!

# by mysunshinerain | 2020-11-04 21:08 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

君にとっての私

君にとって
私は何だったのだろう
恐ろしいほどの長い年月を
一緒に生きて
それでも壊れたって
君とは結ばれないって
ひどい結末
君は私を裏切った
私じゃなく
その人を選んだ
私はフラれたのだ
簡単な話だ
私にとって
君はすべてだった
命だった
生きる意味だった
だから君が私を捨てたという選択を
私が嘆かないはずがないのだ
泣き叫んで
眠れない日を過ごし
やっぱりまた涙がこぼれる
こんな日々は一体いつ終わってくれる?
君にとって
私の存在は何だったのだろう
都合のいい出汁をくれる女?
想像上のヒロイン?
最低ね
私は今
君を呪っている
______________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-10-28 20:27 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

未来への淋しさ

今私が感じている淋しさは
未来へのものだ
例えば10年後
両親はどうなっているだろう
私はまだひとりで
ひとりぼっちで
この家で暮らしているんだろうか
心を注いでいる猫はいる
でも猫だ人間ではない
彼はとても頼もしく
甘えん坊でいい子
それでもいつかは
彼もいなくなる
私だけがここで呼吸をしている
そんな絵が浮かんで
恐ろしい気持ちになる
今私が感じている淋しさは
怖いという気持ちに似ている
ずっとひとりかもしれない
一緒にいようって言ってくれた人は
もう行ってしまった
私はひどく傷ついて
色んな事が
わからなくなってしまった
ただひたすら
泣きたい気持ちになる
ひとりだって
嘆いて眠るだけ
こんな私に何があるのだろう
ただひたすら
大丈夫って言ってほしくなる
ひとりだって
淋しくて震えるだけ
こんな私に
大切な人は見つかるだろうか
____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-10-21 21:04 | コトノハ~心の声~ | Comments(2)

最後の人

君が最後の人だったら
よかったのに
君とずっと一緒で
それで落ち着けていたら
よかったのに
どんなに好きでも
離れるしかないことが
あるなんてね
私にとって
君の存在は
とても大きかった
週末に出かけることが
楽しかったし
たった1日
君と一緒にいれることで
私はどれほど
安心感を得ていただろう
今頃になって思う
君が最後の人だったら
どんなによかっただろう
そばにいるときに感じていた
あの安心感を
ずっと私は守れたかもしれない
君はそういう人だった
周りをやさしく包む
そんな力のある人だった
君の存在は
そんなに容易く
薄くなってくれない
薄くなった気がしても
全然消えない
それがもどかしくもあり
愛おしくも思う自分に
ぞっとしてしまう
前に進めていないなぁって
君は最後の人じゃなかった
君といたときの心地よさを
私はもう感じれないのだろうか
君の代わりはいない
似ているようで皆別人だ
君の存在は
今も私の心の奥深く
湿った暗い部屋で時折光る
__________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-10-14 20:27 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

淋しさと思い出

ここにいて
どこにもいかないで
ここにいて
ずっと隣で体温を伝えて
淋しいっていう気持ちは
私の胸を大きく占め
ミシミシと痛い音を立て
ぎゅうっと締め付けられる
それはたぶん
幼いころ感じたもの
大人になっても
いつだってこんなふうに
出てくる
君がいてくれたことが
日常だった日々
当たり前なんて思ったことない
でも
こんなふうに崩れて
またひとりになるって
何だか苦笑しちゃうね
君がいてくれたことが
大きな支えだった
他愛無い話も
対して要件のない電話も
あちこち出かけることも
私の心を守ってくれていた
少し肌寒くなったころ
君の家の近所の公園で
バドミントンしたね
何年振りかわからないくらいで
二人とも全然上手じゃなくて
続かなかったね
それでももう戻らない
かけがえない時間だった
ここにいて
どこにもいかないで
もうここにはいない君に
今夜も少し
甘えています
__________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-10-07 20:10 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

現実に

君が隣にいてくれたら
どんなにいいだろう
何でもないことが
果てなく喜びに変わったり
時間が経つのを恐れたり
そんなことになるのだろうか
君がそばにいてくれたら
どんなにいいだろう
何だって話そう
二人にしか通じないお話
時間が経つのも忘れて
夜が明けるまで
君とこんなふうに
今も生きているなんて
何だか現実感がない
不思議としか言えない
実感がないのだから
君はどんなふうに
毎日を送っていますか
何も知らない私
君の人生にいないようなもの
現実に
君が隣にいてくれたら
どんなにいいだろう
__________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-09-30 20:17 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

いてくれるだけで。

いてくれるだけでいいって
そう言って
ここにいてくれるだけで
それだけでいいって
笑って泣いて
そうしてくれるだけで
何もいらないからって
一日一日
あっという間に
過ぎるような気がするけど
実際は
険しい毎日
鼓動が響くその時間を
私はどれだけ
苦しいと感じてきただろう
一日一日
生き貫くことが
どれほど尊いか
実際は
ちゃんと命が紡がれていること
私はどれだけ
忘れちゃいけないと
そう思ってきただろう
そこにいてくれるだけで
いいって言って
大丈夫だって
一人にしないからって
その気持ちだけ
その言葉だけ
私は待っている
__________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-09-23 20:36 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

ありがとうとともに。

ありがとう
ようやくそう言えるようになった
君はいつだって
やさしくて
やさしいというよりあたたかくて
大らかで笑顔が素敵で
色んなものをたくさん
私はもらっていました
それに気づいていなかったわけじゃないの
ただ哀しみの方が大きくて
ありがとうって
素直に言えなかったんだ
会う約束をしていた日に
私が体調悪いって
ドタキャンしても
君は数時間後には連絡をくれた
何事もなかったかのように
今日はこんなことをしたよって
あったかい気持ちをこめて
ありがとう
君がいてくれたから
私もそこにいれました
暑い夏の日
駅から歩いて
夜のイルカショーを観たね
帰りの電車で
二人揃って寝ていたね
京都の冬の日
金魚のアクアリウムを観たね
あいにくの雨で傘をさしながら
綺麗だねって
たくさん写真撮って
ふと振り返るだけで
楽しかった
キラキラした
思い出がこんなにある
そこはいつだって
まあるいぬくもり
あったかい笑顔で
あふれていました
ありがとう
まだぎこちなくて
直接言えないけれど
君は私の
たったひとりの
ヒーローでした
さよなら
___________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-09-16 20:45 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

ただ寄り添ってほしい

ただ寄り添ってほしい
そばにいて
話を聞いてほしい
何もいらない
そっと抱きしめてほしい
私が眠れるまで
隣にいて
ただここにいてほしい
そのぬくもりを
感じさせてほしい
何もいらない
そっと抱きしめてほしい
泣くことができるまで
淋しいと一言でいえば
とても安易に聞こえると私は想う
心細いとか不安とか
哀しいとか
心はいつだって
色んな色をしている
楽しい時はすぐに過ぎる
でもその短時間のために
生きているところもあるのは事実
ただ哀しいを分け合える人を
私は見つけたいのだと思う
愛したいし愛されたい
それはきっと
自然な感情なのだろう
そんな感情、欲が
満たされるのはいつなのか
私はなぜか急いでいる
飢えているといった方が
いいのかもしれない
ただ寄り添ってほしい
そばにいて
ぬくもりを伝えて
声を聞かせて
手を繋いでいて
それだけでいい
___________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-09-09 21:10 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

痛み

淋しいという気持ちが
誰かを愛することに繋がるなら
尊いことなのかもしれないけれど
今ではもはやこの感情は
私の一部になっている
そんな気がする
気が付くと大抵淋しいし
不安なのだ
淋しいという気持ちが
あったからこそ
私は君に出会えた
でもその淋しさを
君に埋めてほしくなって
そんな自分が哀しくて惨めで
嫌になった
こんなことなら
淋しいなんて
私の中からなければ
そう想ったりもした
どうしてだろうね
好きな人に
傷口を撫でてほしいとか
痛みをわかってほしいとか
そんな強烈な願望が
というよりも欲望が
湧いてきて止められなくなる
自分でも怖いんだよ
どうしてだろうね
好きになった人に
こんな傷もあんな傷も
乗り越えてきていることとか
そうやって今まで生きてきたこととか
全部知ってほしくなる
褒めてほしくなるの
そんなに求めてしまうのって
こちらも胸が痛いって
気付いているのに
わかってほしくなる
何もかも許してほしくなる
こんな私はどうかしているんだろうか
どうしてだろうな
君に抱きしめてほしいって
いつも想う
その手でそっと
包んでくれるだけでいい
そんなことを願う私は
君のことを
本当に好きなんだろうか
そんなことを考えたりする
淋しいだけで寄り掛かるのは
少し哀しい気がする
君がいいからだって
胸を張っていたいの
その上で痛みも見てほしいの
ゆっくりでいいから
___________________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-09-02 20:36 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

哀しみとか淋しさとか

哀しみとか淋しさとか不安とか
そういうのを皆どこかで
誤魔化しながら
抑えながら生きているの?
私は抑えてばかりいられない
感じて噛みしめて消化しないと
消えてくれないのだ
生きていくことは
そういう哀しみや淋しさを
引き受けることでもあるから
いい時ばかりじゃない
私はずっと
こういう感情を嫌ってきた
感じることが怖かったのだと
今では思う
そして今でもやはり怖い
哀しみや淋しさや不安のない
そんな世界なんてないから
感じるようにはしている
ただそれでも
時々逃げたくなる
そんな感情のない世界に
飛んでいきたくなる
私はそうやって
しょっちゅう逃げていると思う
それでもわかっている
結局逃げ切れやしないこと
だからまた
向き合うことになる
エネルギーはいるし
時に自分を愛することは
難しいけれど
それでもそのひとつひとつが
かならずあたたかい自分をつくる
知っていながらも
また逃げたくなる自分と
感じなくちゃという自分と
いつも葛藤して生きている
_________________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-08-26 21:27 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

簡単にまた
人を好きになどなれない
あんなに傷ついたのだ
その傷もまだ癒えていない
それなのに
恋は落ちるものなのだ
私は恋に振り回されている
簡単にまた
人を好きになどなれない
それなのに
私はまたころんと
恋に落ちている
不本意なことだ
自分でも怖い
もう傷つきたくないと
心の中で叫んでる
あんなに傷ついたのだ
これ以上傷を負ったら
起き上がれない
誰かを純粋に好きにはなりたい
そしてその人と
同じ時間を過ごしたい
そう想うことは
きっと自然なのだろう
ただ私はそこに
恐れというものを抱えている
大きな失恋の傷
それは時間が経つほどに
癒えてくれてるのであろうが
まだ消えることがない
もうあんな想いはしたくない
どうやったってそう
強く思ってしまう
もう少し時間をください
新しく誰かを好きになって
その人と笑い合える
そんな日が来るまで
怖くて震えながら
誰かを好きなるなんて
私はまだ恋するのに
早いのだと思う
もう少し時間をください
震えがあと少し落ち着くまで
______________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-08-19 20:51 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

哀しみの涙

君は私の手を離した
ひとりにした
捨てた
事情はどうあれ
事実だった
それは私の目の前で大きくなり
お前は一人だと
誰かが言う
君は私の手を離した
ずっと一緒だと
あの日言ってくれたのに
裏切った
私はもう何もできなかった
哀しみでいっぱいで
言葉も出なかった
立ち尽くすだけだった
哀しみは涙になって
ちゃんと流れてくれた
だから
きっとまた歩ける
それでも君のことが
頭から離れる日がない
思い出さないことができない
何度でも心が
君へと向かうのだ
それが哀しみにせよ怒りにせよ
哀しみは涙になって
ちゃんとこぼれてくれた
だから
きっとこの哀しみは終わる時が来る
そう信じているけれど
また君を好きになったみたいに
誰かをちゃんと好きになれるのかな
そんなことを考えたりする
_____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-08-12 20:42 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

こぼすように

哀しかった
だから
哀しみをこぼすように
歩いた
そうやって過ごすしか
できなかった
終わったことにいつまでも取りつかれて
きっと母ならそう言うだろう
でも私は
哀しい気持ちをうまく扱えない
だからと言って嫌いたくない
どんな気持ちも
素直に心に沸く
自分のものでしかないのだから
哀しかった
だから私は
未だに哀しみをこぼすように
生きている
彼がいなくなった事実は
そう簡単に癒えず
哀しいなぁと思いながら
呼吸をするしか
方法が見当たらない
こんなことは
幸福ではないのだろう
でもここを乗り越えた先に
何かが待っていてくれているのは
きっと確かだから
彼がいなくなった哀しみは
今日も消えることなく
それは時折怒りや憎しみに
変貌したりもする
その度にその怒りや憎しみも
感じなくてはいけなくなり
結果疲れてしまう
そんな毎日しか
今はまだ生きられないのだ
でもここを乗り越えた先に
あたたかいものが待っていてくれると
信じているから
今はまだこうして
相も変わらず
哀しみをこぼすように
呼吸をしている
日々を生きている
________________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-08-05 21:26 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

会いたいという気持ち

君に会いたいという気持ちは
不思議なことに
君が変わってしまって
別れてからも
ずっと真っすぐ私の中にある
それは揺らぎようのない想いで
きっとすぐに
消えてしまうだろうと思っていたものだった
君に会いたい
今の君はあの頃とは違う
自分に自信がないとか
私を守れないとか
将来を考えると不安だとか
そんなことばかり口にする
それでも構わないと感じている自分に
自分でおぞろいてしまう
どんな状態の君でもいいから
とにかく会いたいのだ
その気持ちは毎日
私の中に宿る
というよりか
消えることがないのだろうと想う
優しくて穏やかでちょっと面白い
そんなかつての君じゃなくてもいいと
私は想っているのだった
君に会いたい
それは理由のない想いだ
どうして今頃とか
そんなことしたってとか
後からいくらでも付け足せるのに
その気持ちはちっとも薄くならない
毎日欠かすことなくきちんと
私の中に出てくる
「君に会いたい」
とてもシンプルな気持ちだと想う
それでも叶わないとわかっているから
そう想っていられるのだろうか
もう君に会うことはできないから
愛していた
それは事実で確かなことだった
誇りに感じていた
それが粉々になってしまったことは
日にちが経っても
全然癒えない

# by mysunshinerain | 2020-07-29 21:21 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

こんな言葉しか伝えられないけれど

私の勝手な気持ちだけど
あなたには
生きていてほしかった
どう逃げたって
どう落ちたって
格好悪くたって
あなたには
いてほしかった
あなたがどんなことで
苦しんでいたか
今は知ることもできない
私も
毎日戦っている
だから偉そうなことは言えないし
絶ちたくなる気持ちもわかる
それでも私は
あなたには
生きていてほしかった
逃げたってあがいたって
それでも
あなたには
いてほしかった
ごめんなさい
こんなこと言える人間じゃないよね
でも私の勝手な気持ちなの
いてほしかった
どんな形でもいいから
いてほしかった
でも苦しみは比較するものではないし
あなたの苦しみは
あなたにしかわからないのかもしれない
逃げることもできず
逃げる場所もなかったのかもしれない
本当に追い詰められていたのかもしれない
今あなたが
願った通り
楽になれているなら
そう祈ります
_____________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-07-29 20:20 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

忘れられない

哀しくてしょうがないの
君に会いたくてならないの
過去の君でいい
あたたかくてやさしい
そんな君のぬくもりに
もう一度だけ会いたいの
わかっている
こんなのはクレイジーだ
やり直せたとしても
きっと難しいだろう
結論は変わらないかもしれない
わかっている
過去の君になんて
夢の中でしか会えない
だから
哀しくてしょうがないの
君のことを忘れられないの
一緒に過ごした日々が
心によぎらない日なんてないの
思い出さない時間がないの
泣かない日がないの
君に会いたいの
それがまた哀しいことだと
わかっていても
理由なんてないの
必要ないの
ただ会いたいの
その想いで毎日胸が痛い
夜になると泣きたくなる
変わってしまった今の君を想い
途方に暮れる
もう戻れないんだと
何度だって思い知らされる
まだまだ今は
いい思い出になんてできない
できるはずがない
この胸に大きく
哀しみが横たえているのだから
震えるくらい
淋しいのだから
君がいない毎日を
呼吸していることさえ
つらいの
それが普通になってゆくことが
怖いの
私にはまだ君が必要で
君を想う時間がどうしてもあるの
それはもう
どうしようもない
哀しみから目をそらして
生き続けることなんてできない
その場で逃げても
結局逃げ切れない
だからこうして
毎日身体を引き裂くような
哀しみに向き合っているの
終わりが来る日なんて
まだまだ見えないままで
_______________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-07-22 21:15 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

思い出たち

君と過ごした日々が
一緒に作った思い出が
次々と
色褪せた過去になって崩れ落ち
その欠片が一つ一つ
胸に刺さって痛い
君はある日言った
「一緒にたくさん思い出を作りたい」
私はそのアイデアを
とても素晴らしいと思った
そんな素晴らしいアイデアは
痛みになって私の心を乱す
あの夜寒い中
手を繋いで駅から歩いたね
あの日朝早くに待ち合わせ
長いドライブに出かけたね
あの日もあの日もあの日も
それは尊くて美しく哀しい
思い出たちだった
もう戻らないと示すものでもあり
私をひどく動揺させる
君はある日言った
「これからもずっとよろしくね」
私はその言葉が
心底嬉しかった
その言葉を待っていたと思ったほどだ
でも今心にあるのは
過去になった君だった
色褪せてゆくだけの
粉々になるだけの
思い出だった
ずっと一緒だと言ったでしょう?
思いで作ろうって
ずっと一緒に作ってきたでしょう?
どうしてこうなったの
何がいけなかったの
どうして今こんなに哀しいの
淋しくてたまらないの
そうやって
何度も思い出が目の前を通り過ぎ
哀しみながらも
それを見届けて
私はようやく
少し楽になった
思い出は確かに痛むが
全部大切なもので
嫌うべきではないとわかった
そうやって
何度も思い出が
私の心を揺り動かし
それを繰り返すことで
私はようやく
何かから解放された
まだ何かが吹っ切れたわけではないけれど
その思い出たちを
「いい記憶だ」と
心から言える日が来るまで
少しだけ時間をください
_____________
毎週水曜日に更新しています。
ちょっとまとまらない感じになってますね^^;

# by mysunshinerain | 2020-07-15 20:38 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

過去の君

君に会いたい
でもそれは
今の君、ではないことに
私は哀しくなってしまう
今の君に会えば
現実を突きつけられ
呆然と絶望するだけだ
そう
私が会いたいのは
かつて私だけを見てくれて
私だけに見せてくれていた
あの穏やかな笑顔をする君だ
それは残酷な確認だった
過去の君じゃないと
会いたいと思わない、なんて
今の君は
今の私をそのまま
受け入れてくれない
そんな大事なこと
どうして気づかずに
何年もやり過ごしたのだろう
君はきっと
私が今よりも
もっともっと
成長してくれるものだと
思っていたんだろう
それは哀しい確認でしかなかった
あの頃の君がいいのだ
そう
あの時の澄んだ瞳で
一緒になろうって
その一言だけ
私は待っていた
私たちは完璧だった
休日には手を繋いで遠出をし
帰りに君の家へ向かう間も
手を繋いでいた
夜空を見上げて
星を数えたりした
もう何もかもが済んだことだった
何を想おうと
彼には届かないことだし
届いたところで
どうなるわけでもなかった
それでも
過去の君は素敵だった
今の私から見ても
_______________
毎週水曜日に更新しています。

# by mysunshinerain | 2020-07-08 21:22 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

コトノハは毎週水曜日に更新予定♪ 1日に1~2編更新します。気軽に黙読大歓迎です。  ネイル等はランダム更新。


by 藍
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る