ピアノ棟の夢2

a0116246_18522294.jpg


心が震えて背中まで寒い
そんな感覚さえ溶けてしまいそうな
11月の夕焼け


遠くの部屋からはピアノの音
それはとても滑らかで明るいメロディー
あたしは他人事のような目をする


心が震えて寄りかかれる肩を探す
そんな感覚だけで繋ぐような
もろい呼吸

同じピアノ棟の隅から流れる音
同じ空間にいるなんてとても思えないほど
あたしの心は夕日の向こうまで逃げてしまった


たぶん多くは望んでいなかった
あなたはもたれかかれるひとつの場所でしかなかった
たぶん悪いとかいいとかそういうことではなかった
あたしは生きることに必死だった


遠くの部屋から聞こえるピアノの音
それはとても滑らかで明るいメロディー
あたしの心を搔き消して流れる
夢のような夕焼けも
あたしの記憶を焼いてもう冷めてしまった

さよなら
ピアノ棟にいたあたしは
もうぐっすり眠りについてしまいました
_____
ピアノ棟の夢のつづきです。
10年前の出来事。


[PR]
by mysunshinerain | 2016-11-08 18:53 | コトノハ~心の声~ | Comments(0)

*やわらかな・・つながり*  内側から生まれるヒカリを綴っています*セルフネイルはマニキュアのみ、コトノハは気持ちのまま唄うように*黙読も大歓迎です!


by 藍
プロフィールを見る
画像一覧